2013年2月20日水曜日

乗合馬車を引く馬として育てられた馬と生産者が感動の再開

乗合馬車を引く馬、クライスデール種の馬の生産農場では、1頭1頭を手塩にかけて育て上げ、注文のあったに人のところへと引き渡されていきます。

 同じように見える馬でも、長い間一緒に暮らしてきた生産者はその1頭を忘れません。
3年後、合馬車として立派に活躍している馬の新聞記事をみて、生産者男性はこの馬に会いにいきます…。

 ビール会社のバドワイザーのCMとして製作された映像です。
この映像を撮影する為、生後7日のクライスデールを、大きくなるまでずっと、長きに渡る撮影を続けていたのだそうです。
ちゃんと馬も覚えているんですね。
覚えてなかったら…さみしい…CMに使えんやろ!

2013年2月19日火曜日

尾ひれのない金魚のために補助具を作ってあげた飼い主さん

病気か怪我かわかりませんが、尾ひれがないこの金魚は泳ぐことができず、水のなかで横たわるだけだったそうです。
そこで飼い主さんは金魚のために浮きつきの補助具を作成して泳げるようにならないかと試してみました。
 すると、ゆっくりですが、胸びれをパタパタと動かして一生懸命泳ぐことができるようになったのです。
なんか、飼い主さんの手からエサをパクパク食べる金魚がすごく嬉しそうに見えるのは気のせいでしょうか?
飼い主さんグッジョブ!

やけにノリノリな工場

ノリノリすぎるw

鹿 VS カウボーイ

カウボーイ ボロ負け…

2013年2月1日金曜日

ジャガイモと戦う仔猫

どうでもいいけど

飽きるの早すぎ